恵比寿駅5分のドライヘッドスパ・ヘッドマッサージ専門店 完全予約制のプライベート空間でゆったりとおくつろぎいただけます

冷えが病気のもとになる仕組み

  • HOME »
  • 冷えが病気のもとになる仕組み

冷えが病気のもとになる仕組み

冷えは万病のもとという言葉はよく耳にしますが、それが具体的にどれくらいまずいのか?についてはあまり知られていません。

体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、体内に異物を発見しても、素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまいます。

白血球は、これら外界からのウイルスや細菌だけでなく、がん細胞が体の中にできるたびに、免疫細胞が攻撃をして死滅させてくれています。
実は健康な人でもがん細胞は1日に5000個もできています。その1つでも免疫という監視システムをかいくぐって生き残ると、1個が2個、2個が4個、4個が8個と倍々ゲームのように増えていき、やがてはがんに姿をかえてしまうのです。

健康を維持してくれる免疫力は体温が下がると低下することがわかっています。単純に計算すると、免疫力が30%低下すれば、1日に1500個近くのがん細胞が、免疫システムから見逃されて増殖していく可能性があります。体温が正常に保たれていれば、これらの免疫システムが正常に働いてくれて、健康が保たれているということになります。

出典:体温を上げて 免疫力アップ|サワイ健康推進課

ゾッとしてしまいますね…!すぐにでも体を温めたくなります。

PAGETOP
Copyright © yuragi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.