自律神経って?

まず、神経系は中枢神経(脳と脊髄)と末梢神経(中枢神経から枝分かれしたもの)に、

さらに、末梢神経は体性神経(感覚神経と運動神経・自分で感じられる、自分で動かせる)自律神経(意志とは無関係に働く)に分けられます。

「意志とは無関係に働く」というのは、心拍や呼吸・消化吸収・呼吸など、私たちの無意識下で生命機能を維持するための働きで、自律神経はこれを担っているのです。

自律神経はさらに活動しているときに優位になる交感神経と、休息しているときに優位になる副交感神経に分けられます。
例えば、血管は交感神経が優位になると縮み、副交感神経が優位になると緩みます。
胃の働きは交感神経が優位になると抑制され、副交感神経が優位になると促進されます。

このように自律神経によって体の機能は維持されています。

軽視してはいけない自律神経のバランス

交感神経=緊張=悪!のようなイメージがありますが、交感神経と副交感神経、どっちが良くてどっちが悪い、ということではありません。上にあげた血管を例にとってみると、

交感神経が極端に優位・・・血管が縮みっぱなし。血流が悪くなる。
副交感神経が極端に優位・・・血管が緩みっぱなし。血流が悪くなる。

このようになってしまいます。
どちらか一方ではなく、適度な緊張と適度な休息の繰り返しが大事なのです。

現代人に多いのが、交感神経が圧倒的に優位になっているパターン。血の巡りが悪くなり、頭痛・肩こり・便秘など全身に不調があらわれてきます。

バランスが崩れたまま放置してしまうと…

自律神経失調症

さまざまなストレスにより交感神経ばかりが働いた結果、副交感神経が弱まりどんどん疲労物質は蓄積されパンク状態に。
すると強制的に副交感神経にスイッチが切り替わり、体を回復させようとします。

寝ても眠い、疲れがとれない、不眠、食欲低下などさまざまな身体症状

軽いうつ

そのままストレスの多い生活を続けてしまうと、副交感神経への強制スイッチが繰り返され、交感神経の働きまで弱まっていきます。体だけではなく心にも不調が出はじめます。

なんだかやる気が出ない、イライラ、集中力の低下

うつ病

交感神経、副交感神経ともに働きが鈍ってしまった状態。体もだるく、副交感神経が弱っているので休んでも休んでも疲れが回復しない。

感情の停止、すべてが面倒に感じる、体が動かない

 

うつ病まで進行してしまうと、治療もとても大変になってしまいます。日頃から自分の心や体に耳を傾け、悪化してしまう前にリラックスできる環境を意識的に作ることが必要です。
つらいときは無理せず、まずは専門機関の受診・相談をおすすめします。

 

次の記事では自律神経失調症のさまざまな原因や症状について書きたいと思います!

 

 

恵比寿のドライヘッドスパ・ヘッドマッサージ専門店 yuragi

月〜金曜 14:00-21:00
男女OK
各線恵比寿駅・代官山駅から徒歩5分
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-9-9
クリスタルスクエア代官山2F Natural Essence#B