恵比寿駅5分のドライヘッドスパ・ヘッドマッサージ専門店 完全予約制のプライベート空間でゆったりとおくつろぎいただけます

Let’s 温活♪

  • HOME »
  • Let’s 温活♪

はじめに:冷える現代人

50年前の日本人の平熱は36.8℃。
生活習慣の変化により、今では36℃ほどにまで下がっているそうです。

平熱が36.5℃〜37℃が最も健康的で免疫力が高い状態だと言われています。
体温が下がると、風邪を引きやすい、肌荒れ、イライラ、肩こり、集中力低下、便秘や生理不順、むくみなどさまざまな不調を引き起こします。さらにはがんや心疾患などの大きな病気につながることも。

冷えはもともとの体質ではなく日々の生活習慣によるものなので、ちょっとした工夫や心がけで撃退することができます!体を温めて理想的な体温を目指しましょう。

冷えが病気のもとになる仕組み

冷えは万病のもとという言葉はよく耳にしますが、それが具体的にどれくらいまずいのか?についてはあまり知られていません。

体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、体内に異物を発見しても、素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまいます。

白血球は、これら外界からのウイルスや細菌だけでなく、がん細胞が体の中にできるたびに、免疫細胞が攻撃をして死滅させてくれています。
実は健康な人でもがん細胞は1日に5000個もできています。その1つでも免疫という監視システムをかいくぐって生き残ると、1個が2個、2個が4個、4個が8個と倍々ゲームのように増えていき、やがてはがんに姿をかえてしまうのです。

健康を維持してくれる免疫力は体温が下がると低下することがわかっています。単純に計算すると、免疫力が30%低下すれば、1日に1500個近くのがん細胞が、免疫システムから見逃されて増殖していく可能性があります。体温が正常に保たれていれば、これらの免疫システムが正常に働いてくれて、健康が保たれているということになります。

出典:体温を上げて 免疫力アップ|サワイ健康推進課

ゾッとしてしまいますね…!すぐにでも体を温めたくなります。

あなたは大丈夫?冷えのサインをチェック













ひとつでもチェックが付いた場合は、からだが冷えている可能性があります。ほかにこんな方法でも冷えがチェックできますよ。

◆朝、目が覚めて布団の中で手のひらを脇の下に挟み込みます。次にその手をおなかの上に置いてみます。脇の下よりもおなかのほうが冷たいと感じたら、からだは冷えています。

◆耳を折ってみてください。健康な人はそれほど痛くないはずですが、飛び上がるような痛みを感じる人は、毛細血管の末端まで血が通っておらず、冷えている可能性があります。

出典:いくつ当てはまる!?あなたの『冷え』をチェック|ワコール ボディブック

冷えの原因

筋肉による冷え

  • 運動をあまりしない
  • 仕事中は座りっぱなしまたは立ちっぱなし
  • 階段を登らない

→筋肉は人体で最大の熱生産器官。筋肉が減ると体温が下がり、代謝も落ちる。むくみが発生し脂肪が増え、さらに冷えが悪化。

食生活による冷え

  • 冷たい飲み物が多い
  • フルーツや甘いものが好き
  • 生野菜やスムージーをよく摂る
  • コンビニ食やジャンクフードをよく食べる

→単純に体を冷やしてしまう。

  • 水は1日1L以上

→冷えた体に必要以上の水分を摂ると排泄機能が低下しむくみの原因に。

  • 常にお腹いっぱいに食べている

→胃腸に血液が集中してしまい、筋肉が冷える。

環境による冷え

  • 肌着を着ていない、冬でも生足
  • 毎日の気温はあまりチェックしない

→気温に合わせた対策をしないとどんどん冷える。

  • お風呂はシャワーのみで湯船に浸からない

→シャワーだけでは体はあたたまりません。

  • 締め付けの強い下着を着ている

→毛細血管を圧迫しさらに冷えてしまう。

ストレスによる冷え

  • 仕事や人間関係のストレスを感じている
  • 一日中スマホやパソコンを見ている
  • 睡眠不足

→自律神経のバランスが乱れ、血管が収縮。血流が悪くなり冷える。

冷えを撃退するには

生活習慣を改善する

体を冷やす生活習慣を一つ一つ見直し、体を温める習慣に変えていきましょう。
具体的な方法はブログに書いていきます♪

yuragiで温活♪

ドライヘッドスパで温活

ドライヘッドスパは自律神経のバランスを整えて、血管を緩め巡りを良くします。
施術中、お客様が「手足がジンジンしてきた!」と感じるのは手足の先の毛細血管に溜まっていた血が巡っている証拠なのです。
全身に新しい血が循環し、施術後は体がポカポカに♪

また当サロンではホットマットでお尻〜太もも辺りを温めながら施術します。お尻には体温管理に重要な血管が集まっているので、効果的に全身を温めることができます。

ハーブ蒸しで温活

下半身から蒸気を当てることで、体の内側=内臓から温まります。
内臓の働きが活発になり、代謝がグンと上昇。

顔は好きに出し入れできるので息苦しさはなく、サウナが苦手な方でも大丈夫です✌
30分も経つ頃には全身汗だく!むくみもすっきり。
続けていくことで汗腺が鍛えられ、冷えに負けない体に。

ハンド/フットマッサージで温活

心臓から酸素と栄養素を運ぶ動脈と、二酸化炭素や老廃物を回収して心臓に戻す静脈が切り替わるポイントとなる毛細血管。
その約七割が集まっている手足の指先は、体の末端にあるため特に血の巡りが滞りがちです。

優しくもんで毛細血管を刺激することで、血が勢いよく心臓に戻ります。新しい血がたくさん作られ、体中に行き渡るので体温も上昇♪

PAGETOP
Copyright © yuragi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.